圧倒的に楽な神バイト10選【現役大学生がおすすめ】

圧倒的に楽なバイト10選アルバイト
スポンサーリンク
  • 「あ~、バイトしんど~」
  • 「バイト辞めたいけどお金が無いから辞められない」
  • 「もっと楽なバイトないのかな?」

ほとんどの大学生がこのような事を考えたことがあるのではないでしょうか。

大学生活も忙しいうえにお金が無いのでバイトもしないといけない大学生活って本当に大変ですよね。

しかもアルバイトなんてどこの都道府県でもたかだか時給1,000円前後なので、それなりの金額を稼ぐにはかなり長い時間働く必要があります。

大学の授業やレポートで疲れている体に鞭打って長時間働くのはキツイ

特に、体を動かす系のバイト(飲食店やアパレルなど)をしている人なら誰しも
「もっと楽なバイトをしたい」と思っているのではないでしょうか。

  • もっと楽なバイトをしたい
  • 人と関わらないでも出来るバイトを知りたい
  • 座っとくだけでお金がもらえるようなカモなバイトってないの?
  • 逆に楽そうで楽じゃないバイトも知りたい

↑このような願望や疑問を解決する手助けとして、大学生にオススメなバイトを「体力的に楽なバイト」と「精神的に楽なバイト」の2種類に分けて紹介しています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は今年四回生になる現役大学生。
これまで単発バイトを合わせて10種類近くのバイトをした経験や、周りの友人・知人から聞いた口コミからこの記事を書いています。

けんちょびん

座右の銘は『虚心坦懐』
【経歴】
大学受験で挫折
→後期日程で某国立大学に入学
→大学四回生(今ここ)
→来年度には大学院に進学予定。
どちらかというとインドア派。
「大学生向けの情報」や「勉強関連の情報」についてまとめています。
貴重な大学生活をより有意義なものにするために参考となる情報を発信できるよう、日々精進中です。
ご依頼はお問合せフォームからお願いします。

けんちょびんをフォローする
スポンサーリンク

体力的に楽なバイト6選

大学生のうち「楽なバイト=体力的に楽」というイメージをもっている人が多いと思います。

僕自身も時給より肉体的な楽さを重視する方なので、体力的に楽なバイトをしたいと思っている人の気持ちがよく分かります。

出来れば座っとくだけで良いようなバイトをしたい(笑)

個人的な経験談と周りの友人・知人から聞いた情報から、体力的に楽なバイトの代表格は主に以下のようなもの。

体力的に楽なバイト6選
  • 塾講師・家庭教師バイト
  • 採点バイト
  • 試験監督バイト
  • 治験バイト
  • 警備員バイト
  • 駐車場バイト

塾講師・家庭教師バイト

まず紹介するのは、大学生のバイトの定番中の定番の塾講師・家庭教師です。

塾講師・家庭教師バイトのメリット
  • 座って中学生や高校生に勉強を教えるだけなので、体力的には非常に楽
  • 時給が高い場合が多い(都会)
  • 勤務地も駅チカな場合が多いので移動が楽
塾講師・家庭教師バイトのデメリット
  • 連続してシフトに入りにくいので、トータルとしては稼ぎづらい
  • 地方だと時給が安い
  • 生徒の成績が伸びないと文句を言われる可能性もある
  • 勉強が出来る方でないとそもそも雇ってもらえない

僕自身も一時期塾講師をやっていたのですが、肉体的楽さはトップクラスと言っていいほど楽なバイトの上、都会だと時給も高いので大学生にはオススメのバイトです。

連続してシフトに入れなかったり地方だと時給が安い場合もあるのですが、肉体的な楽さを求めるなら全然許容出来る範囲です。

ただ、生徒の成績が伸びないと文句を言われる可能性もあるバイトなので、人によっては精神的に少しキツいバイトかもしれません。

そもそもある程度の学力がないと出来ないバイトだから少し敷居は高いかも

採点バイト

勉強関連の繋がりでもうひとつオススメなのが採点バイトです。

採点バイトとは、その名の通り模試などの採点をするバイトのこと。

採点バイトのメリット
  • フレキシブル制度が採用されているところが多いので好きな時間に好きなだけ働ける
  • 最初は時給が低めだが、勤続年数や研修などで時給がアップしていき、時給が良くなる所が多い
  • 座って採点するだけなので肉体的に楽
採点バイトのデメリット
  • 募集があまり無い
  • 模試が無い時期には仕事はない

僕の友人が実際に某有名企業の採点バイトをやっているのですが、待遇が良くてかなり羨ましいです。

中でも一番最高なのがフレキシブル制度を導入している企業もあること。

先日も、その友人含めた数人で遊んでいて、2時間ほど空き時間が出来たので僕を含めた他の人は一度帰宅したのですが、その友人はチャチャっとバイトして時間をつぶしていました(笑)

ただ、この手の神バイトは募集していることが少ないのがデメリット。

もし見つけたら絶対に応募するべきです。

試験監督バイト

試験監督は人によって意見が分かれますが、やる事が無くてもボーっと出来る人にとっては、肉体的に楽なバイトです。

試験監督バイトのメリット
  • 特にやる事はない
  • ある程度まとまった時間でのバイトなので稼げる
試験監督バイトのデメリット
  • じっと出来ない人には苦痛かも
  • 長時間座ったままの場合はしんどい

要は、じっと出来るタイプの人には超オススメ、落ち着きのない人には絶対にオススメしないバイトです。

治験バイト

治験バイトも人によって意見がかなり分かれるバイトですが、体力的な楽さは保証されていると言えます。

治験バイトのメリット
  • 薬を服用する以外はやる事はないので超楽
  • 報酬額がかなり高い
  • 最近は通院するタイプの治験もあるらしい
  • 社会貢献にもなる
治験バイトのデメリット
  • 治験が怖い人には向かない
  • 泊まり込みの場合は拘束時間が長い
  • 治験中の行動制限があることも

もちろん臨床段階までクリアした薬の治験なので安全性にはほとんど問題ないものが多いですが、やはり治験と言うことで怖いと思ってしまう人がいるのは事実。

僕自身も少し怖い (笑)

とは言え、体力的にはめちゃくちゃ楽+かなり稼げるので、治験が一切怖くない方はやってみると良いのではないでしょうか。

国内最大級の治験情報サイト Qlifeはこちら

警備員バイト

大学生で警備員のバイトをしている人はあまり見かけませんが、実は超穴場のオススメバイトらしいです。

警備員バイトのメリット
  • 空調の効いた部屋で座ってるだけ
  • 待ち時間はスマホ・ゲーム・読書・作業がOKな場合が多い
  • 仕事内容も少ない
  • 時給も高い場合がある
警備員バイトのデメリット
  • 待ち時間にやる事が無い人は暇で苦痛
  • 交通整備の警備員などはかなりキツイらしい

屋内で待つだけの警備員は本当に楽らしく、待ち時間に大学のレポートをやったりYoutubeを見たり出来るそう。

ただ、一切のやりがいはないらしいので、バイトにやりがいを求めている人には向いていないかもしれません。

単に楽なバイトをしたいだけなら超オススメ!

駐車場バイト

駐車場バイトも警備員バイトと同じで超オススメのバイトです。

主な業務としては立体駐車場での駐車券の交付・誘導・入出庫管理の対応など。

駐車場バイトのメリット
  • 待ち時間は何やっても良い場合が多い
  • 仕事内容も少ない
  • 平日の夜などは特に暇で、深夜給もあって稼ぎやすい
駐車場バイトのデメリット
  • 待ち時間にやる事が無い人は暇で苦痛
  • 夏や冬だと屋内でも空調が無い場合はツラい
  • 基本時給は低い場合が多い

噂では、警備員バイトと同じで屋内で簡単な作業をして時間を消化するだけでお金がもらえる夢のようなバイトらしい。

実際に僕の友達も夏休みに駐車場バイトをしていて、amazon primeでアニメを何作品も見終れたと言っていました(笑)

肉体的な楽さで言えば最高峰に楽なバイトと言えるのではないでしょうか。

但し、空調設備が整っていない所だと夏や冬はキツイらしいから応募する前には要チェック

精神的に楽なバイト4選

僕自身はあまり重視したことがないのですが、肉体的に楽なバイトよりも精神的に楽なバイトの方が良いという方もいると思います。

  • 「あまり責任が重くないバイトが良い」
  • 「他の人とコミュニケーションを取りたくない」

↑このような希望を持っている方にオススメなのが以下のバイトです。

精神的に楽なバイト4選
  • スーパーの品出しバイト
  • 漫画喫茶・ネットカフェバイト
  • 交通量調査バイト
  • データ入力バイト

スーパーの品出しバイト

まず紹介するのがスーパーの品出しバイトです。

主な業務は普段スーパーで並んでいる商品を補充して並べるだけ。

スーパーの品出しバイトのメリット
  • 一人黙々と作業できる
  • やる事が単純なので精神的にはかなり楽
  • 時給が良い場合がある(僕の場合1,200円でした)
スーパーの品出しバイトのデメリット
  • とにかく量が多い
  • 朝の業務だと起きれない
  • バイト(パート)の年齢層がかなり高い上、ほとんどがおばちゃん

僕自身、大学一回生の夏休みにやっていたのですが、黙々と作業する感じなので精神的には非常に楽でした。

ただ、僕がバイトしていた所は一日の内早朝にしか品出しをしない所だったので毎日大量の商品を並べる必要がありめちゃくちゃ大変だったのと、朝の7:00から10:00までの3時間だったので朝起きれないことが多々ありました(笑)

コンビニの品出しを想像している人はその40倍の量はあるから覚悟した方が良い

漫画喫茶・ネットカフェバイト

楽なバイトとして有名な満喫やネカフェのバイトですが、やはり僕の周りでもかなり楽だったと言う人が多い印象です。

漫画喫茶・ネットカフェバイトのメリット
  • 暇な事が多い
  • 他の人とコミュニケーションを取る必要があまりない
  • 空き時間は漫画を読んでもOKの所が多い
  • シフトには比較的長く入れる
漫画喫茶・ネットカフェバイトのデメリット
  • 時給は低めの所が多い
  • やりがいはないらしい

お客さんの出入りが激しいような店じゃないので業務自体も楽らしいですし、他者とのコミュニケーションも取る必要が無いので精神的にも楽。

また、空き時間には漫画を読んでもOKという店が多いらしいので、漫画や本が好きな人には最高なバイトではないでしょうか。

交通量調査バイト

大学生でやっている人はあまりいないものの、街でよく見かける交通量調査のバイトも穴場バイトです。

交通量調査バイトのメリット
  • 業務内容は車や人の数をカウントするだけ
  • 人とのコミュニケーションは一切なし
  • 時給がかなり良い場合が多い
  • 社会貢献活動にもなる
交通量調査バイトのデメリット
  • 季節によってはツラい場合も
  • 作業が簡単すぎて逆にツラいと感じる人も

比較的時給も高く、他の人とのコミュニケーションも一切必要ないのでボーっと作業できる人にはオススメのバイトです。

ただ、そこまで頻繁に募集されるバイトではない上、穴場バイトと知っているフリーターなどとの応募競争もあるので、常に狙っておく必要があります。

データ入力のバイト

精神的に楽なバイトとして最後に紹介するのがデータ入力のバイトです。

業務内容としては単純に与えられたデータを入力しまくるだけ。

データ入力バイトのメリット
  • やる事が単純
  • 作業スピードが自分で決めれる
  • 他の人とのコミュニケーションは一切不要
  • パソコン作業なのでタイピングのスキルアップに繋がる
データ入力バイトのデメリット
  • 目が疲れる
  • パソコン作業に全く慣れていない人だと厳しいかも

他者とのコミュニケーションは一切必要なく、作業スピードも自分で決められるので精神的にはかなり楽なバイトです。

ただ、パソコン操作に慣れていない人だと長時間のパソコン作業が苦痛なので注意

注意!楽そうで楽じゃないバイト3選

さて、ここまで「肉体的に楽なバイト」と「精神的に楽なバイト」の2種類に分けて紹介してきましたが、よく他のサイトなどで「大学生にオススメの楽なバイト〇〇」というように紹介されているバイトの内、僕自身の体験や友達の話などから、全然楽じゃない&むしろキツかったバイトも紹介しておきます。

それが以下のバイト。

楽そうで楽じゃないバイト3選
  • 個人経営の飲食店
  • 単発バイト
  • 大学内でのバイト

後述する理由から、楽なバイトをしたい人には絶対オススメ出来ません。

個人経営の飲食店バイト

楽なバイトをしたい人に僕が絶対にオススメ出来ないのが飲食店でのバイトです。

他のサイトで、「個人経営の飲食店なら楽」と紹介されているのをよく見かけますが、全然楽じゃないです。

楽じゃない理由
  • そもそも、大勢のお客さんを相手にするバイトが楽なわけない
  • 店長やオーナーがワンマンな場合が多い
  • 個人経営の場合、違法労働を強いられている店も

僕自身約3年間2つの居酒屋で働いた経験がありますが、マジで楽じゃないし待遇も悪いです。

特に個人経営店の場合だと、店長やオーナーの支配力が強いのでバイトが意見出来ない状態だったり、違法労働を強いられている場合も多く存在します。

僕自身の体験+友人・知人の体験も含まれているので信用性がかなり高いデータだと思います

詳しくは、こちらの記事を読んでみてください。

とにかく楽なバイトをしたい人は飲食店関係のバイトは絶対にやめておいた方が良いです。

単発バイト

「単発バイトは楽!」と紹介しているサイトも多いですが、個人的には「この記事書いてる人本当に単発バイトやったことある?」と思ってしまいます。

もちろん、本当に楽な単発バイトを引くことも運が良ければありますが、ほとんどの単発バイトは全然楽じゃないです。

単発バイトの中でも特にキツいのがこの2つ。

単発バイトで気を付けるべきもの
  • イベントスタッフ
  • 物流系バイト

イベントスタッフのバイト

コンサートやライブなどのステージの設営や撤収・運営などに携わるのがイベントスタッフです。

大学生に人気のイベントスタッフですが、基本的にはやめておいた方が良いです。

実際に僕も大学生になりたての頃、時給が少しだけ高かったという理由で友達と一緒に応募しましたが、二度とやりたくないと思い知らされました。

理由としては主に以下の点。

  • 社員の人達がとにかくウザい
  • ステージの設営や撤収は体力仕事
  • イベントの最初から最後までなので、拘束時間が長い
  • スーツ持参の場合が多い

最も印象的だったのが、社員の人達がとにかくウザかったことです。

ここで言う社員とはイベントで使うステージの設営や撤収をする人たちのことで、単発バイトを取り仕切っている人たちとはまた違う集団

基本的にイベントスタッフのバイトは力仕事なので、頭の悪い・プライドだけが高い社員の人達が上にいる現場です。

そのような現場ではどんなことが起こるかと言うと、とにかく社員の人達が怒鳴り散らかします。

単発バイトとして来ているだけの何も知らない大学生に対して理不尽にキレてくるのです。

一言でいえば、最悪。

他にも上記に挙げたような様々な理由がありますが、僕がイベントスタッフのバイトを絶対にオススメしない最大の理由です。

但し、女性の単発バイトの場合は力仕事が一切なく、受付などの表向きの業務だけなので楽なものが多い

物流系のバイト

単発バイトの中でも募集が多いのが物流系のバイトです。

主な業務としては、運ばれてくる大量の荷物を仕分けして運ぶこと。

僕が実際に行ったところは、飲食物(ペットボトル飲料やカップ麺など)がメインの物流センターだったのですが、普通に地獄でした。

その理由が以下の点。

  • 夏場で外での作業
  • これ以上ないくらいの力仕事

イベントスタッフとは違い、基本的には個人個人の作業なので他の人とのコミュニケーションは不要だったのですが、とにかく力仕事。

作業内容としてはいくつかあったのですが、2ℓペットボトル12本入りの段ボールを何百個と運ぶ作業では本当に意識が飛びかけました(笑)

しかもその日は運悪く真夏日で、屋根はあるとは言え外と繋がっているような場所だったので室温は40℃近く。

同じ単発バイトの集団の中で熱中症になった人もいたくらい過酷なバイトだったので二度と行きません。

冬ならまだマシかも

大学内でのバイト

僕自身このバイトはやったことがないのですが、友人からの口コミでは大学内でのバイトもかなりキツいらしいです。

業務内容は様々ですが、例えば生協での教科書販売だったり大学内でのイベント運営だったり等々…

特に教科書販売の季節になると、大学内のほとんどの学生が買いに来るのでめちゃくちゃ大変らしいです。

また、時給も高くないので仕事量と給料が見合っていないとか。

これらのことから、大学内でのバイトも基本的にはオススメしません。

その他バイト以外にも出来る金策

ここまでバイトをするという前提で楽なバイトを紹介してきましたが、バイトをする以外にも大学生が出来る金策はあります。

あくまで個人的な意見ですが、大学生がしんどい思いをしながらたかだか時給1,000円前後のバイトをするのは勿体無いと思っていて、将来的に社会へ出た時に使えるスキルを経験できるようなことをした方が良いのではないかと思っています。

もちろんバイトしている人を批判している訳ではないし、自分が長い間様々なバイトをしてきた経験から感じているだけですが

また、バイトだとどうしても場所や時間に縛られてしまいます。

「お金は必要だから働かないといけないけど、時間や場所に縛られたくないな」

↑こう思っている人には次に紹介する金策をオススメします。

バイト以外に出来る金策
  • アンケートモニター
  • ポイ活
  • クラウドソーシング
  • ココナラ
  • フードデリバリー系

より詳しく知りたい方は、以下の記事を合わせて読んでみてください。

アンケートモニター

まず紹介するのはアンケートモニターです。

やる事としてはシンプルで、様々な企業が実施しているアンケートに回答することでポイントを貰い、それを現金や各種商品券などに交換するだけ。

アンケートモニターのメリット
  • 時間や場所に縛られない
  • スキマ時間で出来る
  • 自分のペースで出来る
  • テレビやYoutubeを見ながらでも可
  • 登録費用などは一切かからない
  • 会社のサービス向上のためのアンケートなどが多いので社会貢献にも繋がる
アンケートモニターのデメリット
  • 一個一個の報酬は高くないものがほとんど
  • しっかり稼ぐには数をこなす必要がある

一番のメリットは時間や場所に縛られず、スキマ時間に自分のペースで出来ること。

但し、報酬は簡単なアンケートの場合はそこまで高くないのでガッツリ稼ごうと思うと、かなりの数をこなす必要があります。

座談会など、実際に参加するようなアンケートモニターは報酬が8,000円など高額なものもある

毎日スキマ時間にコツコツとやれば、1ヵ月に2,000~3,000円くらいにはなると言われているので、ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度にやってみるのもありではないでしょうか。

チョットしたお小遣い稼ぎができるアンケートモニターサイト【i-Say】はこちらから

ポイ活

コロナ禍で最近何かと話題のポイ活もちょっとしたお小遣い稼ぎ程度には良いのではないでしょうか。

ポイ活とは、普段から利用するスーパーやコンビニ・ネット通販などで買い物をする際に貯まるポイントや、ポイントサイトを経由してゲットしたポイントを現金やギフト券・電子マネーなどに変換すること。

最近では社会人の副業としても人気です。

ポイ活のメリット
  • 初期費用・継続費用など一切不要
  • 毎日のちょっとした買い物から始められる
  • 時間や場所に縛られない
  • 有名になってきたので詐欺などのリスクはほぼ0
ポイ活のデメリット
  • コツコツやらないと貯まらない

デメリットとして、コツコツやらないと貯まらないと書いたのですが、実質デメリットは無いと思っています。

理由としてはシンプルで、ポイ活は稼ぐというより「節約の一環」と考えた方が良いからです。

もちろん、ポイントサイト経由の報酬としてのポイントもゲットできますが、個人的には普段の買い物で貯まるポイントを最大限活用するという視点で考えた方が良いのではないかと思います。

ポイ活をする上での費用は一切かからないから、とりあえず登録しておいて、気が向いたらちょっと貯めるくらいの気分でやればOK

「ポイ活」するなら業界最強のポイント還元率でお小遣いが稼げる【i2iポイント】!

クラウドソーシング

次に紹介するのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業や個人がクラウドソーシングサイト経由で不特定多数の人に仕事を発注するというものです。

仕事内容としては、プログラミングやWebデザイン・動画編集と様々。

クラウドソーシングのメリット
  • 企業などからの仕事なので報酬は高い
  • 専門的なスキルが必要な仕事では、報酬単価が数万円~数十万円のものまで
  • 自分の好みに合った仕事を受注できる
クラウドソーシングのデメリット
  • 特定のスキルが無い大学生には難しい(何かしらの専門的なスキルが必須)
  • 納期などもあるのでガチの仕事という感じ

フリーランスの方が仕事を受注しているような所なので、僕のように特別なスキルの無い普通の大学生にとっては難しいですが、プログラミングや動画編集のような専門的なスキルがある方なら普通にバイトしているより全然稼げます。

自信のある方はぜひ挑戦してみてください。

日本最大級クラウドソーシング クラウディア はこちらから

ココナラ

最近副業として人気のココナラもクラウドソーシングのひとつのようなものですが、クラウドソーシングのように「ガチガチのビジネス」というよりかは「得意な分野のサービスを提供する」くらいのイメージです。

クラウドソーシングとココナラの違い
  • クラウドソーシング:企業が仕事を発注→それを見つけた受注者が仕事を受注
  • ココナラ:出品者が提案→それを見つけたお客さんが商品を購入

例えば、ココナラでの提案方法としては「イラストやロゴデザインを○○円で作成します」みたいな。

ココナラのメリット
  • 絵やイラストが得意というような特技でも仕事が受注できる
  • 購入者とのやり取りも全てオンライン完結
ココナラのデメリット
  • 企業の発注とは違い、お客さんが見つけた上で購入してくれないと報酬にはならない
  • 売り上げの内、手数料が取られる

コロナ禍でブログを始める人が増えたこともココナラで仕事を受注する人にとっては追い風。

ブログ用アイコンなどの需要は多い

僕自身は未だアイコンイラストを描いてもらっていないのですが、将来的にはココナラで依頼しようと思っています。

絵やイラストが得意な人は、ココナラを挑戦してみるのもアリ。

ココナラはこちらから

フードデリバリー系

最後に紹介するのは、フードデリバリー系です。

紹介と言ってもコロナ禍で急激に広まった有名な金策ですが、若くて体力のある大学生にはオススメ。

フードデリバリー系のメリット
  • 自分の好きな時間・好きなタイミングで出来る
  • 効率良く回ればバイトの時給をはるかに上回る
  • 運動不足解消にも良いかも
フードデリバリー系のデメリット
  • きちんと稼ぐには効率の良さを追求する必要がある
  • 自転車で回る場合は体力仕事
  • 田舎ではあまり需要が無い

僕の友達も実際にUber Eatsのバイトをやっているのですが、自分のペースで出来るので「バイト行かなきゃ」のようなネガティブ思考なしに出来るらしいです。

また、効率良く回れば時給換算ではバイトをするよりもはるかに割が良いのもオススメの点。

ただ、田舎のようにあまり需要の無い地域に住んでいる方にとっては稼ぐのが難しいので注意です。

「現役大学生が選ぶ圧倒的に楽なバイト10選」まとめ

今回は現役大学生の僕が、自分の体験談+友人・知人の口コミなどを元にした圧倒的に楽なバイトとやらない方が良いバイト・大学生がバイト以外にも出来る金策について紹介しました。

時給が高いより、ダラダラ長時間楽なバイトをする方が長期的に見るとコスパが良いのではないかと思います。

心の健康的にも楽にバイト出来る方が絶対に良い!

また、このような知る人ぞ知る楽なバイトの求人は人気なので、すぐに応募が殺到して締め切られます

乗り遅れないためにも、普段から様々な求人サイトをチェックしておくべきですが、ひとつひとつの求人サイトに登録するのは面倒なので、一括参照できるサイトなどを上手く利用しましょう。

20メディア以上を一括比較できる日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】はこちらから

ただ先ほども述べたように、個人的な意見としては大学生が有限で貴重な大学生活の時間を切り売りしてお金を稼ぐバイトは少し勿体ないように感じます。

自分のスキルアップや今しかできない経験をすることに積極的になってみても良いかもしれませんね。

コメント