【最速】大学生向けのTOEIC勉強法←2ヵ月半で845点取れます

TOEICの勉強法 大学生TOEIC
スポンサーリンク
<2ヵ月でTOEICが250点スコアupした神アプリ!>

スタディサプリENGLISHの『TOEIC対策コース』は、1日3分から取り組める、本格的なTOEIC対策プログラムです。

まずは7日間、全ての機能をお試しください。

英弱大学生
英弱大学生

・英語が苦手過ぎてTOEICで良いスコアが取れない…

・どうやってTOEICの勉強をすれば良いのか分からない…
・出来るだけ最速で、効率的に高スコアを取りたい!

本記事では、↑このような悩みを解消します。

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は現役大学生(4回生)
理系大学生(英語に得意意識ナシ)ですが、2ヵ月半の勉強でTOEIC845点を取った経験からこの記事を書いています。

スポンサーリンク

大学生にTOEICの受験が『必須』な理由

TOEICは、今や日本で最も使われている資格のひとつ

大学受験・就活・転職など、人生における様々な局面で必要になります。

特に、高スコアを保有している人はかなり優遇される傾向にあります。

TOEICのスコアが人生を大きく変えると言っても過言ではないほど、重要な資格です

けんちょびん
けんちょびん

実際に、『楽天のようにTOEIC800点以上ないと入社できない会社』や
『中卒だけどTOEICを頑張って外資系企業に転職できた人(Twitter)』の例もあります。

より詳しくはこちらの記事↓で紹介しています。

とにかく、TOEICはコスパ最強の資格であることには間違いありません

時間に余裕のある大学生の今だからこそ、TOEICの受験は必須です

体験談:英語が得意じゃなくても、2ヵ月半でTOEIC845点取れる

まずは下の写真を見てください。

TOEIC公式認定証

これは僕が受験したTOEICの結果です。

この写真からも分かるように、僕自身2回ほどTOEICを受験しました。

その結果、1回目の受験で755点・2回目の受験で845点を取ることができました

大学生
大学生

でも、英語が得意なだけでしょ?

↑こう思われた方もいると思います。

ですが事実として、僕は英語が得意ではありません

けんちょびん
けんちょびん

めちゃくちゃ苦手という訳ではありませんが、自分の武器は英語力と思ったことは一度もありません

もちろん留学経験もナシ

むしろ、中学生の頃は英語が苦手過ぎて泣いていたくらいです。

そんな僕でも、正しい・効率的な勉強を実践することで2ヵ月半でTOEIC845点を取ることができました

ですので、

  • 英語が苦手でTOEICのスコアに悩んでいる
  • 勉強のやる気が出ない
  • 苦手なTOEICを受験する気になれない

↑このような人も、絶対に大丈夫

まずは2ヵ月半、今回紹介する勉強法を継続してみてください。

大前提:TOEICの勉強で重要なポイント

具体的な勉強法を紹介する前にひとつ。

大前提として、TOEIC勉強における最重要ポイントを確認しておきます。

それが、常に本番を想定しながら勉強をすること

けんちょびん
けんちょびん

当然のことのように思えるかもしれませんが、TOEIC勉強において一番大切なことです

ご存知の通り、TOEICの試験では時間がありません。

まだTOEICを受験したことのない人のために補足すると、800点(※)を取れる人でも最後まで解き終われない場合があるくらい。
※800点のスコア帯は全体の上位12%くらい

  1. 普段、時間に余裕を持って問題を解く
  2. 試験中に切羽詰まって焦りながら受験する

↑この2つは全く別の種目です。

このギャップを埋めるには、普段の勉強から時間に追われる習慣を付けるしかありません。

どんなに少量の問題でも、キッチリ時間を測って解く癖を付けてください

設問毎の時間の目安
  • Part5形式の問題:30問で15分
  • Part6形式の問題:16問(4セット分)で10分
  • Part7形式の問題:54問で54分(大体)

最速:大学生向けのTOEIC勉強法

ここからは、実際に僕が2ヶ月半で845点取った『効率の良い勉強法』について解説します

基本的に

  • Step0:本格的にTOEIC勉強をする前
  • Step1~3:TOEIC勉強中に並行して行うもの

という前提ですので、このことも踏まえて参考にしてください。

※問題を解く際には時間を測って問題を解くことを意識しながら取り組むこと。

Step0:多読

これからTOEICの勉強を始める人・点数に伸び悩んでいる人がまず最初にやるべきことは、多読です。

悩む大学生
悩む大学生

多読って何?

けんちょびん
けんちょびん

多読とは、本とか雑誌とかみたいな長い文章を読むことだよ

大学生でも多読という勉強法を聞いたことがない人は多いかもしれません。

ですが実は、多読は非常に効果的な英語学習法なんです

多読について、詳しくはこちら↓で深堀して紹介しています。

けんちょびん
けんちょびん

TOEIC対策の前に、まずは多読についての知識を付けときましょう!

Step1:単語力のアップ

TOEIC対策で最も重要なのが、単語力のアップ

結論から言うと、TOEICは単語ゲーです

理由としては次の2つ。

  • TOEICには頻出単語が数多く存在する
  • 単語力があると大幅な時短ができる
けんちょびん
けんちょびん

ここで説明すると長くなりそうです(笑)
詳しくは、こちらの記事↓で徹底的に解説しているので、先にご覧ください。

Step2:文法力の強化

TOEICではリーディングパートがかなり厄介ですよね。

ですが、リーディングパートの手っ取り早い対策があります

それが、文法力の強化つまりPart5の対策

Part5とはリーディングパートのひとつで、文法や単語・熟語の知識を問う設問のこと

『Part5対策によってリーディングパートのスコアが伸びる』理由は次の2つ。

Part5対策が重要な理由
  • 文法問題は『型』があるので対策しやすい
  • Part5で時間を節約できれば、他のパートの正答率アップにも繋がる
けんちょびん
けんちょびん

詳細はこちらの記事↓に書いていますが、ぶっちゃけPart5対策を重点的にやれば700点超えは余裕です

ぜひ重点的にPart5の対策を行ってみてください。

Step3:シャドーイング

続いてがシャドーイングです。

シャドーイングはリスニングパートの対策として行います。

大学生
大学生

シャドーイングって何?

けんちょびん
けんちょびん

シャドーイングとは、流れてくる音声の後に耳から聞いた音をコピーして発音するという勉強法のことだよ

一見、簡単そうに思えますが、実は慣れるまで激ムズです

というのも、我々日本人は高校までの教育課程でリーディング・ライティングしか学習していません。

高校までの授業で、リスニングに特化した授業を受けたことがない人がほとんど。

つまり、海外の子供よりも英語の耳が作られていない状態なんです。

しかもTOEICでは、リスニング・リーディングの配点は共に495で同じ。

『どちらか片方に専念する』というムーブはできません。

けんちょびん
けんちょびん

リスニングの勉強は必須になってくる訳です

大学生
大学生

じゃあ、リスニングの勉強って何すればいいの?

リスニング勉強のひとつが、シャドーイングなんです

シャドーイングについても、詳しくはこちらの記事↓で徹底解説しています。

けんちょびん
けんちょびん

間違った方法だと、効果半減です
ぜひ、↑の記事を参考に、正しいシャドーイング方法を始めてみてください。

Step4:ディクテーション

最後に、プラスαのリスニング対策として、ディクテーションという勉強法があります

悩む大学生
悩む大学生

ディクテーション?なんじゃそりゃ

ディクテーションとは、主にPart2対策として行う勉強法のこと。

シャドーイングと比べて汎用性には欠けますが、こちらも効果的な勉強法です。

ぜひ、シャドーイングと合わせて毎日のルーティンにしてみてください。

けんちょびん
けんちょびん

ディクテーションについても、こちらの記事↓で詳しく解説済みです

意外:TOEICでは時間配分が超大事

意外ですが、TOEICは時間配分だけで結果が大きく変わる試験です

より高得点を取るためにも、普段の勉強から時間配分を意識する必要があります。

詳しくはこちらの記事↓で解説しています。

ぜひ参考にして、スコアを飛躍的にアップさせてください。

継続は力なり:少しずつでも毎日続ける

ここまで紹介してきたものが、僕が2ヵ月半でTOEIC845点を取った時に実践していた勉強法です。

時間としては、1日1時間半くらいの勉強時間でしたね。

短い勉強時間でも、毎日コツコツ継続したことによって大きな成果を得ることができました

けんちょびん
けんちょびん

要所要所で対策した所もありますが、2ヵ月半で継続してやったのは本当にこれだけ!

  • 多読で『英語を英語のまま理解する』練習をする
  • 全ての基礎となる単語力を上げる
  • リーディング攻略へ最大の武器となるPart5対策を徹底する
  • 毎日のシャドーイングで『英語の耳』を作り上げる

この4点さえ継続出来れば、誰でも700点以上を狙える実力が身に付きます

しかし、最大の壁は継続して勉強できるかどうか。

こればかりは個人の継続力・やる気によるので何とも言い難い所です。

ですが、TOEICは非常にコスパの良い資格でメリットも多いです。

大学生であれば、まずは700点以上を目標に頑張ってみてください

勉強期間はどのくらい必要?

大学生
大学生

TOEICで高スコアを取るまでに勉強する期間はどのくらい必要?

当然ですが、あなたの目標スコアと現在の英語力によって必要な勉強時間は変わります

平均的な大学生(スコア:460点前後)が600点を取ろうと思えば、最低でも2ヵ月くらいは勉強期間は必要なイメージ。

また、高得点帯になるにつれて『スコアの伸び』は減少していきます。

つまり、必要な勉強時間はさらに多くなるということ。

以下に、一例としてオックスフォード大学の研究のデータを掲載しておきます。

こちらも参考にしながら、必要な勉強期間を逆算してみてください。

Target score:目標とするスコア
Current score:現在の英語力に対応するスコア
枠内の数字:時間(単位はh)

TOEIC勉強にまとまった時間は必要ナシ!

大学生
大学生

忙しくてまとまった時間が無いから勉強できない~泣
TOEIC800点は夢なのかな…

↑このように嘆いている方を時々見かけますが、これは大きな間違い

TOEICの勉強にはまとまった時間は必要ありません!

もちろん、模試などをする時には時間を測って取り組むべきですが、普段の勉強にはスキマ時間を活用するだけで充分。

  • 通勤時の電車やバス
  • 授業と授業の間
  • 入浴中

チョットしたスキマ時間の有効活用だけで、TOEIC800点超えは可能です

けんちょびん
けんちょびん

『塵も積もれば山となる』
TOEICの勉強にはこれが大事!

大学生
大学生

でも、参考書や単語帳をいちいち持ち歩くのは大変じゃない?
お風呂に持って入るとかリスキーすぎるし…

そういう時は、文明の利器(TOEIC対策アプリ)を思う存分活用していきましょう。

TOEIC845点ホルダーの僕がイチオシするのが、スタディサプリ ENGLISH(通称スタサプ)です。

公式ホームページより

CMでも有名で、日本でトップレベルに人気のTOEIC対策アプリですね。

スタサプ最大の特徴がその便利さとボリューム。

最短1回3分なので、毎日のチョットしたスキマ時間から本格的にTOEIC対策ができます

その他にも、スタサプの内容として

スタサプの内容
  • 超有名な『関正生講師の5分間解説動画』が140本
  • 本番のTOEICと同じ構成で作られた『実戦問題集』も収録
  • リーディングパートの実践問題集20回相当
  • 中学英語レベルからやり直せる講義動画・問題演習
  • 『日常英会話コース』も使い放題

などなど、TOEIC対策アプリの内容としてはこれ以上ないレベル

しかも今なら、7日間の無料体験もできます

この7日間は一切の費用がかからず、全てのサービスを受けることができます。

けんちょびん
けんちょびん

このキャンペーンはいつ終了するか分かりません。試してみたい方がいればお早めに~!

\7日間無料体験実施中!/
けんちょびん
けんちょびん

とりあえず7日間無料で使ってみて、『自分にはスマホアプリが合うのか、紙媒体が合うのか』を決めるのがベストだと思いますよ

「大学生向けのTOEIC勉強法」まとめ

今回は、理系大学生の僕でもわずか2ヵ月半でTOEIC845点を取得できた勉強法の概要についてまとめました。

慣れない言語の勉強を毎日続けるのはしんどいですし、何年も継続して勉強している人は本当にスゴイですよね。

継続は力なり!

『この壁を乗り越えさえすれば、TOEIC高得点はすぐそこ!』ということをお伝えできれば幸いです。

ぜひ、今回の勉強法を参考にしてご自身のベストな勉強法を探してみてください。

今回は以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント