【金のセンテンス】TOEIC対策に最適な単語帳はこれ!

TOEIC
スポンサーリンク

最近では大学受験・就職活動など様々な場面でTOEICのスコアを要求される機会が多くなりました。
「就活のエントリーシートでTOEICのスコアを書かないといけないからTOEICの勉強始めよう!」と思われる方が多いと思いますが、出来れば効率よく、短期間にTOEICのスコアを取りたいはずです。

そこで今回は、現役理系大学生の僕がわずか2か月半の勉強でTOEIC845点を取った際に愛用していたTOEICの単語帳を紹介しようと思います。

この記事を読んでほしい人
  • 今からTOEICの勉強を始めようと思っている人
  • 出来る限り短期間に・効率良くTOEICの良スコアをゲットしたい人
  • TOEIC用の単語帳選びに迷っている人
スポンサーリンク

TOEIC用の単語帳選びが重要な理由

まず、これからTOEICの勉強を始めようと思っている人に認識してほしいのが、TOEICは単語ゲーだということす。

TOEICが単語ゲーだという最大の理由は、とにかくTOEICの試験は問題量が尋常ではないからです。

まだ一回もTOEICを受験したことのない人に向けて簡単にイメージを持ってもらいたのですが、TOEICは、一般的に高得点帯と言われる800点以上のスコア取得者でも、リーディングパートの問題を最後まで解き終われない人が普通にいるくらいの問題量です。800点以下の実力の人では、まあまず最後まで解き終わることが出来ません。

TOEIC初心者の方はまず、TOEICはどの難易度の問題でも一問当たりの点数は同じで、最後の方にある簡単な問題を時間が足りないという理由で解けていないのは非常に勿体ないということ肝に銘じておいてください。

もちろん最後まで問題を解き終わることが出来るようになるためには、単語の勉強ばかりしても効果は無く、多読などの勉強法で英語力の底上げをする必要があるのですが、単語の勉強に力を入れることで解決することも多くあります。

例えば、TOEICには読まなくても良い文章(設問や全体的な流れにほぼ無関係)が存在することはご存知でしょうか。

それもそのはず、TOEICという試験は文章を効率良く処理する能力が問われている試験なので、実は設問を解くうえでは一切不要な文章が多く存在しているのです。

TOEICという試験を効率良く攻略するためには、設問に関わる部分と無駄な部分を素早く判断する能力が必要で、その能力の元となるのはまさに単語力です。

具体的には、文章中の単語を一目見て理解できるくらいの単語力があれば、現在問題を解くのにかかっている時間の0.8~0.9倍くらいは軽く短縮できます。

TOEICの勉強を何から始めようか迷っている方で、「英語を英語のまま理解できる」というのが出来ない方はまず多読から。ある程度出来る方は単語勉強から取り組むのが最も効率的です。
(両方とも並行して行うのも、もちろんgoodです)

TOEICと大学受験英語などの違い

TOEICの勉強を始めようと思っている方の中で大学受験を経験したことのある人の中には、
「大学受験を頑張ったから英単語は結構いけるけど、TOEIC用にまた勉強する必要あるの?」という疑問を持っている方も少なからずいると思います。

この問いに対しての結論は、「再び勉強する必要がある。大学受験英語とTOEICは全くの別物と考えるべき」 です。

僕自身、大学受験時はある程度勉強が出来る方だったので、志望校的にも英語の単語帳は難関大学の二次試験用に「鉄壁」という単語帳を愛用していたので、一般的な人と比べれば単語力はあった方なのですが、TOEICの勉強を始めた時に、驚くほど知らない単語が多かったのを鮮明に覚えています。

それもそのはずで、TOEICの勉強を始めてから分かったのですが、TOEICと大学受験英語では問題の世界観がまるで違うのです。

大学受験英語は専ら何かの物語や、科学技術・社会問題をはじめとする専門的な内容を主とする文章から出題されます。

このような記事には、ネガティブな要素(死や戦争等)が盛り込まれていることも少なくないので、大学受験勉強時には、これらに関連する単語も山のように頭に詰め込んだ経験があります。

しかしTOEICの世界観は全世界共通で、一切のネガティブな要素がないハッピーな世界です。
(荷物の送れとかや配達ミスなどの小さな問題はとても頻繁に起こります)

つまり、ネガティブ関連の単語はTOEIC対策においては一切不要な単語で覚える必要が無いのです。

また、TOEICには謎に頻出する変な単語が多く存在します。

patio(テラス), awning(日よけ), rake(熊手),wheelbarrow(手押し車)などがその例です。大学受験で難関大学を受験した人でもなかなか見たことのない謎単語達が、なぜかTOEICのpart1(リスニング)やpart5(リーディング)で頻出だったりするのです。

これらの理由から、現在新しくTOEICの単語帳を購入しようか迷っている方は、
絶対にTOEICの勉強は専用の単語帳を購入することを絶対にオススメします!

TOEIC用の単語帳として最高な単語帳

「じゃあ、どの単語帳を買えばいいの?」ということなのですが、個人的にオススメなTOEIC単語帳は圧倒的に「金のセンテンス」(通称金セン)という単語帳です。

この単語帳は、かの有名な「金のフレーズ」(通称金フレ)という単語帳の姉妹本です。元々金フレがとても優秀なTOEIC単語帳で大人気なのですが、僕は金フレより金センをオススメします。

理由は主に2つあって、
1つは、金センは日本語→英語に対して、金フレは英語→日本語 だからです。

TOEICは問題形式上、問題文が全て英語で書かれています。冷静に考えると当たり前のことなのですが、金センの英語→日本語という流れの方が、より実践の形式と思考回路に沿っているので、普段から本番に近い勉強が出来ます。

もう1つの理由は、金センは文章単位で単語を覚えることが出来るからです。

金フレは単語一つ一つに短文がついていて、それぞれの単語は独立(関連語などで紐づけてある感じ)しているのですが、金センは、まず比較的長い文章(最大23語)があって、その中に含まれている重要な単語を詳しく掘り下げているという構成になっています。

なので、正直何周かやっている内に、自然と文章自体を覚えてしまい、そこに含まれている単語の意味も紐づけて覚えてしまいます。

またそれと同時に、文章中で正しい単語の使い方を学ぶことが出来るので文法的な知識も身につきます

今までの勉強で単語を覚えることが苦手だったという経験がある方は、恐らく何の脈絡がない単語を単体として覚える作業が得意ではないと思います。

そのような人は、単語を含む文章を、全体として覚えることで単語も覚えることが出来るので、ぜひ「金のセンテンス」を使ってみると相性が良いと思います。

また、英語初学者の方で「中学、高校の基礎的な単語もまだ微妙!」という自覚のある方は、同じ著者の方(TEX加藤さん)が書いており、金フレ金センよりも少し単語レベルを落としてある「銀のフレーズ」という単語帳もあるので、ぜひそちらをお試しください。

最高に効率の良いTOEIC単語帳まとめ

今回は、個人的にTOEICの単語帳の中で最も良いと思う金のセンテンスについて紹介しました。
難度も繰り返しますが、TOEICの対策として、最も簡単で効率の良い勉強方法のひとつは間違いなく単語力強化です

単語力は英語に限らず言語の基礎なので、いくらTOEICといえども単語力さえあれば意外とゴリ押しで行けたりします。

僕自身、TOEIC845点取るまで勉強した2か月半の間、単語勉強は毎日欠かさずにやっていましたし、その結果TOEICで出てくる単語の95%は知っている単語だったので、問題を解く際にはかなり時間の余裕が生まれ、効率良く高スコアをゲット出来ました。

TOEICの点数として600~700点くらいを手っ取り早く・短期間に取りたい方は、単語勉強に多くの時間を割いてみてください。

コメント