【大学院生の留学#2】アメリカ往復の飛行機代がヤバかった&ビザ申請

飛行機代とビザ申請 アメリカ留学
スポンサーリンク

海外留学に興味があるみなさん。

こんにちは、現役大学院生のけんちょびんです。

僕自身も、2023年の8月から始まるアメリカ留学に向けて、準備に追われる日々です。

前回は、留学のために必要な予防接種と保険に関する記事を書きました。

けんちょびん
けんちょびん

まだ見ていない人はぜひ!

今回は、アメリカ往復分の飛行機代とビザ申請にかかった料金について綴っていきます。

ワクチンと合わせてマストな項目なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Written by
Kento

・国立理系大学院生(25卒)
・某有名半導体系企業内定
・2023年12月までアメリカ留学
・TOEIC920, IELTS6.5など

コロナ禍にバイト以外の収入源を作るためにブログ運営をスタート。順風満帆ではなかったものの、現在は通学前30分の作業で毎月3~5万円の不労所得のゲットに成功しました。

ご依頼などはお問合せフォームからお願いします。

Kentoをフォローする

大学生の夏休み・春休みは語学留学に最適!

『数ヵ月単位の交換留学だと時間的に厳しい///』という人でも、短期語学留学なら大きな負担ナシでチャレンジすることができます!

スマ留なら

  • 圧倒的低価格かつシンプルな料金体系
  • 同一価格から学校を自由に選べる
  • 1週間の留学からOK

なので、気軽に留学にチャレンジすることができます。

少しでも留学に興味がある方は、覗いてみるといいですよ。

\無料カウンセリング実施中!/
スポンサーリンク

あわや大惨事:アメリカ往復代の飛行機がヤバすぎた

まずは飛行機代の話から。

結論から言うと、僕の場合でアメリカ往復で292,590円でした。

  • クラス:エコノミー
    ただし、エコノミークラスの中でも真ん中のレベル
  • 航空会社:JAL
  • チケット:渡航日の2ヵ月半前くらいに取得
けんちょびん
けんちょびん

アメリカの東海岸なので、日本から最も遠い場所でこの値段です

大学生
大学生

え、意外に安くない?

そうなんです。最終的には意外と安く??済みました。

格安航空じゃないのにこの値段で収まった理由は、往復での予約だから。

実は当初、帰りの日程も未定なので片道ずつで予約しようとしていましたがやめました。

なんでかって?

最安値でも片道だけで35万円だったからです!!!

意味わからんですよね。

往復分を取ろうと思うと、70万円の計算です。

どんだけ高いねん…と途方に暮れていましたが、念のため、往復分の料金で検索してみました。

そしたらなんと、往復分の料金の方が片道料金よりも安い!

↑ガチで意味が分かりません。

多分なんかの割引があるんだとは思いますが、それにしてもですよね。

一体、どういうシステムなのか…。

それはともかく、とりあえずは30万円以内に収めることに成功しました(^^)

アメリカ留学を考えている方、飛行機代はこのくらいの出費になることを覚悟しといてくださいね。

あと、飛行機のチケットは早く取れば取るほどオトクになります。

僕の場合、少し遅めの2ヵ月半前とかでしたが、早いとかなり安かったです。

最低でも3ヵ月前までには確約しておくと良いですよ。

意外な大出費:ビザ申請費用

続いてが留学前準備の盲点、ビザ申請です。

既にパスポートは持っている想定で話しますね。

留学するには、パスポートとは別にビザというのを申請しなければなりません。

けんちょびん
けんちょびん

恥ずかしながら、僕自身も今回が初めての海外なので知らなかったです(笑)

しかしこのビザ申請、マジで大きな出費になりました。

まず、僕が取得したビザの種類は交流訪問者ビザ(Jビザ)。

これは、学校間の交換留学を利用する時に発行されるビザの種類です。

一般的な語学留学や私費留学では、学生ビザ(Fビザ)であることが多いですね。

このビザを取得するために、いくつか払わなければいけないものがあります。

  • ビザ申請手数料:26,825円(日本円換算)
  • SEVIS-fee:31,895円(日本円換算)
  • ビザ郵送費用:3,410円
  • 領事館までの交通費:居住地に依存

僕の場合、総額で7万円程度はかかりましたね。

また、ビザ申請は大使館・領事館に直接赴かないといけません。

2023年8月現在、アメリカ領事館があるのは

  • 札幌
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 沖縄

だけなので、地方住みの方はめちゃくちゃ大変です。

けんちょびん
けんちょびん

ついこの間まで福岡もあったみたいですが

交通費のことも考えると、10万円は見積もっておいた方が良さそうです。

Tips:留学前準備は早めにやるが吉!

ここまでで、留学前準備はかなりお金がかかることは伝わったかと思います。

しかし飛行機代のように、時期によって価格が変動するものもあります。

なのであなたがもし留学を考えているのでしたら、最低でも3ヵ月前までには動き始めましょう。

また、あなたが地方住みなら、旅行のついでにビザ申請するとか。

とにかく出費がバカみたいに多くなるので、できるだけ抑える努力を!

総額:留学前準備にかかった費用

怖いのであまり計算したくありませんが、最後に留学前準備にかかった費用総額について。

おさらいすると、主な留学前準備はこちらです。

  • 渡航費
  • ワクチン接種
  • 保険
  • ビザ申請関係

それでは総額を発表していきます。

  • 渡航費:292,590円
  • ワクチン接種:78,650円
  • 保険:92,162円
  • ビザ申請関係:62,130円
  • 総額:525,532円

はい、終わってますね。でもこれが現実です。

留学前準備だけでこの値段です。

これプラス、現地での滞在費が掛かってきます。

僕の場合だと、4ヵ月強の留学で200万円弱はかかるペースです。

けんちょびん
けんちょびん

アメリカ高ぇ~(泣)

最近の円安状況も相まってかなり痛いですが、その分学んで来ようと思います。

もしあなたが留学に興味があれば、このくらいの費用は覚悟しておきましょう。

けんちょびん
けんちょびん

ただし、オトクな語学留学パックだともっと安いはず。興味があればチェックしてみてね

まとめ

前回と今回合わせて、留学前準備にかかる費用について綴っていきました。

やはりアメリカ、バカ高いですね(笑)

僕自身も実際に準備を始めるまで、こんなにお金がかかるなんて知りませんでした。

特に、渡航前準備は本当にお金がかかるので、きちんと採算に入れときましょう。

さて次回からはいよいよ、現地での体験談です!

ここまでお金をかけて実現したアメリカ留学は果たしてどうなのか…///

ぜひご覧くださいね。

今回は以上です。

大学生の夏休み・春休みは語学留学に最適!

『数ヵ月単位の交換留学だと時間的に厳しい///』という人でも、短期語学留学なら大きな負担ナシでチャレンジすることができます!

スマ留なら

  • 圧倒的低価格かつシンプルな料金体系
  • 同一価格から学校を自由に選べる
  • 1週間の留学からOK

なので、気軽に留学にチャレンジすることができます。

少しでも留学に興味がある方は、覗いてみるといいですよ。

\無料カウンセリング実施中!/
※本ページはプロモーションが含まれています
Written by
Kento

・国立理系大学院生(25卒)
・某有名半導体系企業内定
・2023年12月までアメリカ留学
・TOEIC920, IELTS6.5など

コロナ禍にバイト以外の収入源を作るためにブログ運営をスタート。順風満帆ではなかったものの、現在は通学前30分の作業で毎月3~5万円の不労所得のゲットに成功しました。

ご依頼などはお問合せフォームからお願いします。

Kentoをフォローする
Multiplex広告
アメリカ留学
スポンサーリンク
この投稿をシェアする
Kentoをフォローする
Kenchovin Blog

コメント