【TOEIC】確実にスコアアップへと繋がる時間配分とは?【リーディング】

TOEIC
スポンサーリンク

TOEICをはじめとする英語検定試験は試験時間が短く、最後まで解き終わることが出来ないという人が多い試験です。しかし、スコアアップを目指すには出来るだけ多くの問題を解いて正当数を稼ぐことが重要であることは言うまでもありません。

僕自身、大学3回生である2021年の5月・6月に2回ほどTOEICを受験して755点、845点のスコアを取得しました。

一般的に、TOEICリーディングパートを全て解き終わることの出来る実力は800点以上と言われています。800点以上のスコアを保有している人は全体の中で10%程度と言われているので、
単純計算では大体90%の人は最後まで問題を解き終われていないことになります。
(さらに800点以上保有者の中には、 900点以上を何回も取っているような猛者のTOEICerと呼ばれる無類のTOEIC好きの方々も含まれていているので、800点以上保有者の正味の割合はもっと低いと考えられます)

このように最後まで解き終わることが非常に困難であることで有名なTOEICのリーディングパートで、僕自身は受験した2回とも見直しの時間を残して終わることが出来ました。

今回は、2か月半の勉強でTOEIC845点を取得した現役理系大学生の僕が、TOEIC試験中に意識していた時間配分について紹介していこうと思います。

この記事を読んでほしい人
  • TOEICの時間配分が上手くいかない人
  • 効率的にTOEICのスコアを上げたい人
  • TOEICのリーディングパートのスコアを強化したい人
  • TOEICで高得点(800点以上)を取りたい人
スポンサーリンク

TOEICの問題構成

戦略を練るには、まず敵を知ることからです。
リスニングパートは時間配分が出来ないので、今回の記事はリーディングパートのみについて紹介していきます。

TOEICのreadingパートは、全3パートで構成されています。

Part5:短文穴埋め問題30問
不完全な文章を完成させるために、4つの中から適切なものを選択する問題

Part5は主に文法や単語、熟語の知識を問う問題です。一問一答形式で問題数は30問です。TOEICのリーディングパートにおいて最も重要なパートと言っても良いくらい重要なので、対策に一番多くの時間を費やすことになると思います。

Example)
No. 102 Jamal Nawzad has received top performance reviews ——- he joined the sales department two years ago.
(A) despite
(B) except
(C) since
(D) during

Part6:長文穴埋め問題

Part6は不完全な文章を完成させるために4つの中(単語、句、一文、等)から適切なものを選択する問題です。各長文には設問が4つずつあり、計16個の問題があります。(4個の長文)

Example)

TOEIC公式ホームページ、サンプル問題から引用

No.131                                   No.132                                   No.133          
(A) interest                          (A) develop                           (A) After all      
(B) interests                         (B) raise                                (B) For      
(C) interested                       (C) open                                (C) Even so
(D) interesting                     (D) complete                        (D) At the same time

No. 134
(A) Let me explain our plans for on-site staff training.
(B) We hope that you will strongly consider joining us.
(C) Today’s training session will be postponed until Monday.
(D) This is the first in a series of such lectures.

Part7:1つの文章(シングルパッセージ)29問、複数の文章(マルチパッセージ)25問の計54問

Part7は様々な文章の内容に適している設問を4つの中から選択する問題です。各文章には設問が数問ずつ、計54問あります。

Example) シングルパッセージ

TOEIC公式ホームページ、サンプル問題から引用

No. 147 What is suggested about the car?
(A) It was recently repaired.
(B) It has had more than one owner.
(C) It is very fuel efficient.
(D) It has been on sale for six months.

No. 148 According to the advertisement, why is Ms. Ghorbani selling her car?
(A) She cannot repair the car’s temperature control.
(B) She finds it difficult to maintain.
(C) She would like to have a newer model.
(D) She is leaving for another country.

Example) マルチパッセージ

TOEIC公式ホームページ、サンプル問題から引用

No. 176 According to the advertisement, why should customers visit the Business Audio Pro Web site?
(A) To hear voice samples
(B) To add a new phone number
(C) To submit a credit card payment
(D) To request recording equipment

No. 177 What is suggested about Business Audio Pro?
(A) It fills orders once a week.
(B) It advertises in the newspaper.
(C) It specializes in data-processing services.
(D) It has recently expanded its business.

No. 178 Who most likely is Ms. Annesly?
(A) An actor
(B) A script writer
(C) A sales associate
(D) A business owner

No. 179 What service does Ms. Annesly NOT request from Business Audio Pro?
(A) Professional voice talent
(B) On-hold messages
(C) Customized script writing
(D) Multilingual voice production

No. 180 What will Ms. Annesly most likely do within 24 hours?
(A) Meet with an actor
(B) Visit a recording studio
(C) Write a script
(D) Speak with a representative

TOEIC公式ホームページ、サンプル問題より引用
https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample01.html

TOEICリーディングパートを時間内に終わらせるには、この3パート100問をわずか75分間で解く必要があります。
これを実行するのは、英語の実力とTOEICへの慣れ、そして時間管理能力が求められることが分かるかと思います。

一見してもかなり難易度が高いタスクですが、ここからは僕自身が実際に意識していた時間配分や考え方について詳しく紹介していきます。

それぞれのパートにおける理想的な時間配分

Part5

Part5はリーディングパート3つの中で、最も重要なパートであると言っても過言ではありません。
このパートを出来る限り早く、かつ正確に終わらせることが出来れば、他のパートへの時間の猶予が作れ、確実にTOEICのスコアアップに繋がります。

20秒/問(=30問で計10分)

これが僕が実際に意識していた時間配分です。
しかし、これは800点以上を取る前提の人向けの時間配分なので、難易度としてはかなり高めだと思います。700点以下の人がこのペースで問題を解けば、逆に正答率が落ちて全体的なスコアが落ちてしまう可能性が十分に考えられます。

現在のレベルが700点以下の人の場合、30秒/問(=30問で計15分)の時間配分を目指しましょう。


Part5を解いていくうえで最も重要な考え方は、出来る問題と出来ない問題の区別を素早く・正確に把握することです。難しい問題や考えても20秒以上かかる問題はサッサと飛ばしてしまえばOKです!

最初にも言ったように、TOEICにおいて一番大切なことは全部解き切るです。

後ろの方にある簡単な問題を解いても、最初の方にある難しい問題を解いても同じ点数です。
どんどん解き進めていきましょう!

Part6

このパートはPart5やPart7と比べて、ピンポイントで対策することはあまりないパートです。
どちらかと言うと、Part5に近い問題形式なのですがPart6特有の出題形式も混ざっているという、何とも対策方法が分かりにくいパートです。

僕自身、Part6の時間配分は30秒/問(=16問で計8分、1つのセクションで2分)の時間配分を意識していました。
しかし、この時間配分も800以上を取れる実力がある人でないとかなり厳しい時間配分です。

現在の実力が700点以下の人は、40秒/問(=16問で計10分半くらい、1つのセクションで2分40秒)の時間配分を目指しましょう。

Part6もPart5と同様、難しくて考えても分からない問題や挿入文選択問題は飛ばしてもOKという認識でどんどん進めていきましょう。

Part7

TOEICのリーディングパートが全て解き切れない一番の原因はこのPart7の存在です。いわゆる、TOEICのリーディングパートにおける鬼門パートであるPart7の特徴は、とにかく問題量が多い 、これに尽きます。

本当に、軽く引くくらい問題量が多いので、僕も最初の頃は心が折れていました笑
さらに、Part7に具体的な対策や攻略法のようなものは存在しないので、とにかく多くの問題に触れて経験を積むしかないのが本当にヤバくて、初心者のやる気を削ぐ大きな原因になっています。

また、Part7はシングルパッセージかマルチパッセージかだけでなく、それぞれのセクションによって文量が大きく違ってくるので、1問〇秒とかの決め方が困難です。

僕自身は、146.~175.(シングルパッセージ部分)までを27分、176.~200.(マルチパッセージ部分)までを30分という漠然とした時間配分しか決めていませんでした。

Part7の時間配分に関しては、どこの得点帯を目標にしていても柔軟に設定しておくべきでしょう。
あまりキッチリと決めてしまうと時間を気にし過ぎるので逆効果だと思われます。

仮に大まかな時間配分を決めるとしても、1分/問(=54問で計54分)程度に決めておけば大丈夫です。
(Part7はPart5・Part6を解き終わって余った時間全てを使って取り組むという考え)

「確実にスコアアップに繋がる時間配分」まとめ

最初にも言ったように、TOEICのスコアを効率的に上げるために最も重要な事は出来るだけ全ての問題に取り組めるようにすることです。

TOEICは具体的な配点などが公表されていませんが、一般的には簡単な問題でも難しい問題でも1問あたりの配点は同じであり、正当数によってTOEICの素点が決まり、そこから統計値が付与されて最終的なスコアが決定されると言われています。

単純に考えても、難しい問題1問に3分かけるより、簡単な問題3問に3分かけた方が断然効率が良いことが分かりますね。

TOEICの点数に伸び悩んでいる方は、もしかすると一問一門に時間を割きすぎていて効率の悪い解き方をしてしまっているかもしれません。

  • Part5を30秒/問
  • Part6を40秒/問
  • 残った時間をPart7に注ぐ

このような時間配分を意識して、出来るだけ多くの問題を解くことが出来るようにしてみてください!

コメント